HOME  > コンテンツ  > 介護事業に応募する人で多いタイプ

介護事業に応募する人で多いタイプ


これまで、当社は数多くの介護事業者様の採用を支援させていただいてきました。

その結果、確信に近い感想として、介護事業の求人に応募してこられる方には、次のような方が非常に多いということです。(そういった方の採用適性診断時に現われる心の顔は、トップ画面の顔のイメージです。


  1. 社交性が低く、対人接触を好まない

  2. 指導性が低い

  3. 達成欲求(高い目標に向って頑張っていく)が低い

  4. 親和欲求(仲間とうまくやっていく。人のためにしてあげる)が低い

  5. 協調性(共同作業をすすめるための努力)が低い

  6. 従順性(業務命令や常識行動に対しての素直さ)が低い

一方、その裏返しとして、現在、介護事業の現場では、次のような問題が生じています

  1. コミュニケーション(対人接触)能力が低く、利用者の満足度が低い

  2. 管理者や新設施設の施設長をやれる指導性のある人材がなかなかいない

  3. 事業の売上や利用者数を増やすといった前向きの達成行動が定着しない

  4. 本来、介護は人のためにしてあげる仕事であるにもかかわらず、人のためにしてあげる意識が乏しい

  5. 対人関係が築けず歩み寄りがでず、職場の雰囲気をよくできない

  6. 上司の指示や注意に反発して、すぐ辞めてしまう

これらの問題を解決するには、採用能力を高め、後で、問題を起こしやすい人材ではなく、自社で実力を発揮する人材の採用が不可欠です。
採用で会社を変える。このことに当社は、CUBICを使いながら応えることができます。
まずは、お試しください。


お電話でのお問い合わせ(平日9:00から17:30)
0120-584-815
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
友達に伝える
前
小冊子 目次
カテゴリートップ
TOP
次
他の業種とは違う介護事業の労務管理のポイント(その1)

menu

福島県、茨城県の介護事業支援の総合労務サービスならあすか社会保険労務士法人に御相談下さい。
助成金、就業規則、給与計算、介護職の人材採用・育成等、介護事業成功のお手伝いをしております。