HOME  > コンテンツ  > 人事労務管理の極意

人事労務管理の極意


    高齢者住宅新聞において当事務所代表の菊地が連載していた「人事労務管理の極意」
    について本サイトにおいてお伝えさせて頂きます。

 初めての採用、久しぶりの採用でも安心


     必ずしも全ての募集・求人等が採用や定着に結びつくとは限りません。
   これには応募者側の問題もありますが、受け入れる企業側の問題もあるのではないでしょうか。
   優秀な人材をしっかり採用定着化できる様、今一度採用の考え方を整理し、必要な手法を取り入れていただければと思  います。

   まずは、面接で何を聞けば良いのか。
   何を見極めれば良いのか。
   という基本的ですが最も重要なテーマについて触れることとします。

◎介護労務のプロが教える極意その1:「入社志願書」の活用

   面接の際、応募者の履歴書を見ながら面談する介護事業者さんがほとんどで、 「入社志願書」を活用されているところは、ほぼありません。

   まずは、面接の準備として面接で聞くべき事項を整理して、「入社志願書」という書式を作成し、これを活用することをオススメします。

   これまで数十事業所に活用いただきましたがどの企業にも大変ご好評いただいています。
   内容は、中途採用であれば、「入社志願書」には、

中途採用の3大質問

      1.何故前の会社を辞めたのか

      2.何故ウチ(業界、当社、仕事)を選んだのか

      3.前の職場での仕事の内容で何をやり、何が身についたか

  それ以外にも…

      4.介護事業で働く上で、大事にしなければならないことは、どんなことだと思いますか

      5.当社介護事業に勤める場合、どのような貢献ができると思われますか。具体的にお書きください。 

      等 の質問事項を載せた「入社志願書」を用意しておき、面接に先立ち本人に書いてもらっておき、

  それに基づいて面接を行うこととなります。


    次回は、誰でも使える「診断ツール」を使って、定着性や勤労意欲、人のためにすることが

    得意か等々の要素の見極めについて書いていきます。

  今回のまとめ:介護労務のプロが教える極意その1

       面接に際しては「入社志願書」を活用して

       確認すべきポイントを事前に整理すべし!


     入社志願書について詳しく知りたい事業所様は当事務所までご相談下さい。



プレゼント企画

当事務所に無料相談をご希望頂いた福島・茨城県内の介護事業所様にもれなく「すぐに使える入社志願書」をプレゼント致します。

お問い合わせは

0120−584−815又は0246−38−9001
✉info@asuka-sr.com まで!!



お電話でのお問い合わせ(平日9:00から17:30)
0120-584-815
メールでのお問い合わせ
プリンタ用画面
友達に伝える
前
介護事業設立サポートプラン
カテゴリートップ
TOP

menu

福島県、茨城県の介護事業支援の総合労務サービスならあすか社会保険労務士法人に御相談下さい。
助成金、就業規則、給与計算、介護職の人材採用・育成等、介護事業成功のお手伝いをしております。